music by Sugiyama


小さいけれども、温かく和やかな教会です。


   大胡キリスト教会紹介
 
 桐生市と前橋市をつなぐ上毛電鉄の丁度中間に、人口約1万7千人、世帯数約5千2百戸の小さな町があります。それが大胡町です(現在は前橋市に含まれています)。赤城山の南面の裾野にあり、東西およそ5キロ、南北およそ10キロと南北に長い形をしています。北と南の標高差は500メートルを超えます。この町の中央を南北に下る川は荒砥川で、かつて大洪水が発生したことがあります。
 大胡城主が熱心な仏教信仰者であったことからお寺が多い町でもあります。
 また、歴史的に大胡町は、日光裏街道の宿場町であり、交通の要所、経済的には旧勢多郡の中心的な町でもありました。
 現在は産業の盛んな前橋市と高崎市と伊勢崎市のベッドタウンとなってきている様子です。土地が安く、眺めも良く、比較的治安も良いことから、近年住宅が次々と建設されています。
 この町の一角に左のような二階建ての白い民家があります。この民家が2000年10月に献堂した福音伝大胡キリスト教会の第二会堂(兼牧師館)です。夕方ベイシア前橋おおごモールの駐車場から北東方向に、赤く光る小さな十字架を見つけることが出来ます。
 

<新会堂について>
 2000年の10月1日・日曜日、大胡キリスト教会旧教会堂の献堂式を行うことが出来ました。1929年(昭和4年)に伝道が開始されて約71年が経過していました。すばらしい喜びの時でした。しかし、神様のご計画はそれで終わりではありませんでした。

 2012年5月3日に写真のような、中古のもと診療所の建物を新しい教会堂(第一会堂)として購入し、献堂式を執り行いました。
夜の大胡の町に赤く輝く十字架は二本になりました。
旧会堂は第二会堂と称し、牧師が居住しております。

そして、2018年4月、大胡キリスト教会は大間々キリスト教会から独立しました。

当教会の牧師は松野牧人です。地域の子どもたちからは「まっちゃん」と呼ばれています。

  <2021年の御言葉>
 エペソ2:22より
「このキリストにあって、あなたがたもともに建てられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。」

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、主日礼拝以外の集会は行っておりません。
主日礼拝は希望者のみで、感染対策を徹底して行っています。基本的には日曜日朝に週報と説教CDを配布し、各戸礼拝をお願いしております。
一日も早いウイルス感染症の終息を祈っております。



<写真で見る大胡キリスト教会の昨年2020年の歩み>
昨年は本当に何もできなかった1年でした。

1月 キリスト教DVD鑑賞会・木曜日に時々行っていました。しかし…


緊急事態宣言を受けて、感染防止のため、諸集会は停止、主日礼拝もCDによる各戸礼拝に。
写真は、4月19日の牧師夫妻のみの主日礼拝の様子。


プランターのパンジーはうまくいって元気に満開。


6月末・昨年天に召された石橋すゑ姉記念礼拝の様子。感染対策しながら。


今年も変わらずできたのは、6月と9月の教団墓地清掃でした。


11月、昨年は屋根、今年は西側の壁面のペンキを塗りました。高いところも届きましたよ。


11月の礼拝の様子。感染対策を講じながら、短い礼拝になっております。


この日は子供祝福礼拝の日でした。子供達が来てくれて、祝福をお祈りしました。


11月末、今年も子供たちや青年がクリスマスの飾り付けを手伝ってくれました。
この頃は子供達は夕方1時間だけ遊びに来てもよいことにしておりました。


11月末、ナチュラルリース作りは実施することができました。
残念ながら、それ以外のクリスマス諸集会はできませんでした。


12月、ふと見上げると流れるような雲の中、揺るがぬ十字架。
感染第三派の拡大から、再び各戸礼拝となったまま、年を越しました。

このような感じの教会です。ホームページをごらんになった方、ぜひおいでください。
主日礼拝の時に会堂においでいただければ、少人数ですが、礼拝に参加できます。
神様は、このような中でも、全ての人を招いておられます。それは決して変わることがありません。





Copyright (c) 2002- 2004 Ogo Christ Church All rights reserved